薄毛というと男性特有の悩みと考えられがちですが、実はそうではありません。女性であっても、男性のように抜け毛が進行し、発毛サイクルが乱れ、結果、毛髪量が減ってしまうという男性型脱毛症(AGA)を発症してしまうことがあります。では、男性型脱毛症とは何でしょうか。これは、男性が持つ男性ホルモン(テストステロン)が大きく影響するもので、そこに加齢、生活習慣、食事、ストレスなどの要因も加わり、発毛が妨げられてしまうものです。それと同時に通常の脱毛周期より早く健康な髪の毛が抜けてしまうことで、全体の毛髪量が少なくなっていってしまいます。男性は、年齢とともに誰しもが持つ悩みとなるのは、このためです。しかしながら、テストステロンの影響による抜け毛が男性型脱毛症であるのに、なぜ女性に起こり得るのかと思われる方もいるかもしれませんが、女性もテストステロンを持ち合わせているため、起こり得るのです。
しかしながら、女性は女性ホルモン(エストロゲン)を持っています。このエストロゲンには、テストステロンが抜け毛を促進するのに対し、毛髪を育てる働きがあり、若い年齢では、そのエストロゲンの分泌が活発なため、テストステロンの影響を抑えることができ、結果、髪の毛への影響も少ないのです。このエストロゲンの働きにより発毛サイクルが長くなりますので、たとえ薄毛や抜け毛が起こったとしても、その進行は緩やかで、ほとんど気にならないものです。
エストロゲンの分泌が盛んに行なわれていれば、当然毛髪への影響は少ないのですが、残念ながら、エストロゲンは加齢と共に減少していってしまうものです。早ければ、30代後半からその分泌量が減少してきます。その減少の結果、体内に持つテストステロンの影響が強まり、AGAが発症するメカニズムが起こりやすくなっていきます。
そして、現代では加齢以外にもエストロゲンが減少する原因を多く持ち合わせています。主な原因として挙げられるのは、過度なダイエットや生活習慣によるもの、そして、ホルモンバランスの乱れ、仕事や日常生活のストレス、妊娠、出産などです。こうした要因にもエストロゲンを減少させる作用があるため、男性型脱毛症になりやすくなります。
こうした女性型脱毛症は、男性型脱毛症と区別するため、FAGAと呼ばれ、脱毛パターンが異なり、男性が頭頂部と髪の生え際など局所的に薄くなっていくのに対し、頭髪事態が細く弱まり全体的に薄くなるのが特徴です。
エストロゲンを増やすような食生活やライフスタイルを取り入れることで改善も見込まれます。産後などのホルモンバランスが乱れによる症状であれば、ホルモンバランスを整えることが大切です。産後は自分の時間がとることも難しいですが、しっかりと睡眠をとり、栄養のある食事を取ることがまず大切です。そして、極力ストレスを減らし、少しでもリラックスした時間を持てるようライフスタイルの改善を心掛けていくことが必要です。AGA 大阪